レベルの底上げ

 審査後、目に見えてオレンジ帯のレベルが上がってきました。最近では黒帯や茶帯の道場生と同じメニューとは行きませんが、少しアレンジしたメニューで稽古できるようになりました。おかげでこれまで大きく時間を割いていたメニューの説明がぐっと短縮できて稽古時間が有効に使えるようになってきました。

 さらにオレンジ帯が成長したことで一番身近な白帯の道場生も引っ張られるようにスキルアップ、全体的に見てもこれまでよりずっと調和の取れた稽古ができるようになりました。この調子ならオレンジ帯や白帯の道場生が上級者の先輩と一緒に稽古できるのもそれほど先の話ではありません。そうなれば今後オレンジ帯と白帯のレベルアップはさらに加速するはずです。

 ただ、私が辛口に見てもみんな結構上手になってきているのに、本人たちはなかなかそれを実感できないようで稽古中の発言が奥床し過ぎです。なにか手っ取り早く自信をつけることのできる企画を現在考え中です。