· 

サポーターやミットについて

 先日よりオレンジ帯の道場生にサポーターを渡していますが、この機会にサポーターやミットなどの道具の取り扱いについて私の考えを書いておきたいと思います。

 道場では、礼儀について口うるさく指導します。道場生のみんなもそれに従って入退室の際は大きな声で「押忍‼」と挨拶し、稽古相手と向かい合っては「お願いします‼」終われば「ありがとうございました‼」と挨拶します。

 しかし、挨拶が終わった途端、直前まで使っていたミットをポイッと床に投げ出す道場生がいます。また、ずいぶん昔の話ですが、一般部の上級者のグループと一緒に組手稽古をしていて、稽古が終わりグループ全員でお互いに挨拶を交わした途端、身につけていたサポーターを床にポイッと投げ捨てた人がいました。これらの行為は、やはり違うと思います。多分そういう人にとっては道場での礼儀など形だけのものなんでしょう。

 多くの道場生がサポーターを手にした機会ですからもう一度ここで再認識してほしいのですが、たしかにサポーターやミットは消耗品です。だから強くなるためには遠慮無くガンガン使うべきですし、それでミットが破損すればまた新しいものを用意します。ただ、それらには作った人の、購入してくれた保護者の方の、ほかにもいろんな人の気持ちが詰まっています。だから決して粗末には扱わないでください。

 そして最後に、空手着・帯・帯止め・サポーターなどの持ち物には必ず名前を書いてくださいね。