· 

空気が澱む

 空手の稽古といっても、毎回清々しい雰囲気の中で出来る訳ではありません。人が集う道場という場所はまさに生き物であり、指導していても『今日はみんなの反応が良いな』という時もあれば、『今日は全然集中出来てないな』と感じる時もあります。
 道場には大勢の道場生が集まりますから、各々に個人的な事情があることは私にもよく分かります。嬉しい事があった人、逆に嫌な事があって虫の居所が悪い人、本当に色んな人が道場にやって来ます。
 まあ、嬉しくて浮かれている人には、『油断してつまらない怪我をしないように』と注意する程度ですが、問題なのは負の感情を持ち込む人です。そういう人はその負の感情を周囲に撒き散らしてしまいます。すると、道場は途端に殺伐とした空気で満ちていきます。
 本来、それらの感情を道場や稽古に持ち込むのはルール違反です。日常の雑事の一切を切り離して自分を研く場所が道場であり、その手段が稽古なんです。道場は道場生全員にとってそういう大切な場所のはずですから、その大切な場所や機会を個人的な事情で汚すのは、止めてもらいたいです。
 もし、『今日は無気力で稽古をやる気が出ない』『今日は自分の中に抑えきれない感情があって、その感情が稽古中に暴走しそう』という人がいるなら、真っ当に稽古したいと考えている道場生のために、稽古への参加は全力でお断りします。そんな気持ちで稽古に参加することは、一緒に稽古する仲間に失礼です。決してその人を中心に道場が回っているのではありません。
 そうは言っても、道場生は私自身を映す鏡ですから、そういう雰囲気で指導を終えてしまった日には、自分の力不足を痛感して、稽古後にひとりで反省しています。
 私は、道場は道場生全員にとって、厳しくも心地良い場所であるべきだと考えています。