いろんなご質問が

最近、保護者の方から直接、またはメールなどでいろんなご質問をいただきます。
 一研会の道場生や保護者の方の多くが空手経験のない方ですので、いただく質問も非常に新鮮で、私にとっては道場を運営していく中でとても勉強になります。
 空手歴の長い自分や他の黒帯の先生からは決して出ない質問を前にして、『あぁ、俺は良くも悪くも空手に頭までどっぷり浸かっているな』と感じることがあります。以前、ある高名な空手の先生が『空手の中に社会があるんじゃない。社会の中に空手があるんだ。』と仰っているのを聞いたことがありますが、全くその通りだと思います。 
 『空手の常識は世間の非常識』とは、空手関係者の間では自虐的によく言われる話で、道場を続けていくには、常にその感覚を持って道場生と接することが大切だと思います。
 近いうちに、道場生や保護者の方を対象としたアンケートを実施しますので、この機会に様々なご質問やご意見をどんどんお寄せください。