空手を始めた頃の気持ち

長い間、空手を続けていると始めた当初のことを忘れてしまいがちです。しかし私自身、遠い記憶を辿って入会当初のことを思い返してみると、未だにその頃の気持ちが甦り、初心を思い出すことが出来ます。
 そこで上級者の道場生にも『なぜ空手をやろうと思ったの?』と聞いてみると『強くなりたいから』『お母さんが無理矢理』『楽しそうだったから』『塾か空手、どちらか選ぶようにお母さんに言われて』など入会動機は様々。
 彼らもそれなりの年月空手を続けていますが、入会動機はどうあれ、今もそばで一緒に空手が出来ていることに感謝しています。
 ちなみに、みんな体験に来た日のことを結構覚えていて、『先生が怖かった』『先輩のみんなが優しかった』といったまともな感想から『みんなが色んな色の帯を締めているので、好きな色を選べると思い、どれにしようかと考えていた』などとんでもない感想までこちらも様々。
 皆さんも時には空手を始めた頃のことを思い出してみてください。