道場内のルールについて

空手は個人競技ではありますが、道場内では各々が勝手に稽古するわけではありません。仲間と一緒に技を磨くのが道場であり、そこにはお互いが気持ち良く稽古するためのルールがあります。
 そのルールは『道場を出入りする時は挨拶する』『稽古が終わったら、相手に感謝の気持ちを持って相手の目を見て礼をする』など実社会に置き換えても十分通用するものです。そして、実社会でもし皆さんが定められたルールを守らなければ周囲から孤立してしまうでしょう。
 『私は将来、山奥や無人島で一人で暮らすからそんなルールは関係ない』というような極論は一旦置いといて、道場生のみなさんも道場で稽古するなら道場内の最低限のルールを守る気持ちを持って欲しいと思います。もしお互いが一緒に稽古する仲間をリスペクト出来れば、そんなルールを守ることなど簡単です。