楽しいだけでは終わらせない

 今週から中高生は定期テスト期間に入りました。普段なら中高生がいない日は白帯多数の現在は結構大変なはずなんですが、一研会では年末までの間、今回の秋の入会キャンペーンで入会してくれた多数の道場生の下地作りのために見学体験入会を一旦ストップしており、今はそれに注力出来るので全然大丈夫です。

 稽古のコンセプトは『厳しく楽しく』。楽しい稽古は大いに結構ですが、それだけで終わっていいはずがありません。『楽しいからやる』は、『楽しくないからやらない』と同義です。それでは稽古を『辛い』と感じると途端にモチベーションを維持できなくなってしまいます。

 そうではなく、『辛いけどやる価値がある』というところまで稽古の質を高める努力を指導する側、指導される側の双方がしなければなりません。それにはやはり肉体的にも精神的にも痛みが伴います。しかし、そこを避けて通り、道場生の顔色を伺った指導をしていると結局道場というものの本質を歪めます。道場は仲良しクラブではありません。ですから私は指導の際、真剣に稽古に取り組まない者を真剣に叱り、真剣に取り組んでそれでも結果が出なかった者は真剣に褒め、一緒に対策を考えます。人間同士が研き合ってこそ道場です。真剣に稽古に取り組んでいる限り、道場での失敗なんて何度してもいいんです。

 一研会は、年齢や性別に関係なく、誰であっても純粋に自分を研き続けることのできる道場であってほしいと思います。