休息は大切です。

 バーンアウトってありますよね。燃え尽き症候群ともいうあれです。空手でいえば、強度の高い稽古を適切な休息を設けずに続けていると、まずは肉体が疲弊してオーバーワーク状態となり、それを無視して稽古を続けると今度は精神が疲弊し、空手をすること自体が苦痛になってしまう。特に打撃系格闘技は精神的に消耗しやすいように感じます。

 やっかいなのは、熱心に稽古する道場生ほど、この状態に陥りやすいことです。楽しく感じることを継続するのは人間にとってあまり苦痛ではありません。それが本人が気づかないままバーンアウトに至ってしまう原因です。私はその点にはおおいに注意してここ数年指導にあたってきました。空手に情熱を傾けて取り組んでくれている道場生が空手に疲れ切ってしまう姿を見るのは辛いですから。

 ですので、私は「これは…」と感じたタイミングで、そんな道場生にはペースダウンを指示します。オーバーワークなら栄養と休養をしっかり摂れば回復しますが、精神が疲弊したバーンアウトの状態になるとなかなか元には戻りません。しかし、早いタイミングでペースダウンに舵を切ればその分回復は早まります。本人が休むことを拒絶しても、そんな道場生にストップをかけることこそ指導員の役割です。実際、これまでも一定期間の休養を挟んだ道場生は、休養後また元気に稽古に励んでくれています。

 やっぱり私としては、様々なプレッシャーと闘いながらも、楽しさとやりがいを持って空手を続けてもらいたいです。私はそんな指導にやりがいを感じて現在空手を続けてます。く