気持ちを伝える

審査会が無事終わって、先月から入会してくれた道場生も少しずつ道場の雰囲気に慣れてくれたようです。また今月から更に新しい仲間も増えます。そして道場自体も新しい目標に向け、稽古内容も変化させて行こうと思います。
 その為にはこちらも気分を一新しようと思い、早速散髪に行って髪を短く切りました。これだけでも随分スッキリしましたが、もうひとつ最近ずっと気になっていて何とか改善したいと思っているのが『マスク』です。マスクは現在どうしても必要な物なのですが、そのせいで道場生の表情が読み取りにくいんです。疲労度は勿論ですが、何より感情。やはり人は感情の生き物ですから、お互いの顔を見て、その感情を読み取りながら相手との距離を測っているんですね。
 という事で、まず私自身がしっかりと目で気持ちや熱意を伝えていこうと思い、意識して相手の目を見て話をするようにしました。そのせいかどうか全く分かりませんが、今日は何か手応えがあった気がします。子供の頃『相手の目を見て話すように』と教えられて来ましたが、本当かもしれませんね。ドライアイの私には辛いですが。