怪我の予防について

 空手を続けていると、どうしても怪我をしてしまうことがあります。不注意や油断から起こる事故もありますが、どれ程注意していても相手があってのことですし、格闘技という競技の特性上完全には避けられないものだと思います。組手などは慣れて練度が上がれば確かに単純な怪我は少なくなります。しかし、その分上級者の道場生ほど稽古の頻度、強度は高くなりますから、やはり怪我は付いて回ります。

 そして怪我をした時、昔は何でも精神論で片付けたり、経験則のみでアドバイスする先生や先輩が横行していましたが、その中で空手を続けることの出来た人は、よほど恵まれた肉体を持って生まれてきたか、運が良かった人だと思います。

 私自身、行き過ぎていない精神論は特別嫌いじゃないですが、そこで思考停止せず、やはり怪我をさせないようにするにはどうしたら良いかを考え、ゼロは無理でも、出来るだけ怪我のリスクを減らしていきたいと考えています。普段稽古で使うサポーターなどの練習道具には、そういう意味でもこだわっていかなければと思います。