透明マスクを買ってみました。

 道場で稽古していると、時々道場生が息苦しそうにしているのが目につきます。そう、マスクのせいです。使用しているエコールマミのマミホール教室内は空調完備。お陰で稽古環境は快適ですが、やはり口に密着するマスクが道場生にとっては辛そうで、こちらとしても稽古時のみでも何か代替品はないものかと考えているのですが、ここまでこれといった決め手に欠ける感じです。実際ネックとなるのは息苦しさ、着け心地の悪さ、視界の悪さ、の3点です。

 そこで飲食業の方が着用しておられるのをテレビで見て「これ‼」と思ったのが透明マスク。これなら通常のマスクの息苦しさ、フェイスシールドの着け心地の悪さと視界の悪さという問題をクリアしているのではと思い早速購入。とはいえ、まあこれはフェイスシールドの時も、ヘッドガードにアクリル板を取り付けて改良した時も「これで問題なし‼」と思って道場生の中学生Sさんに試してもらったところ、激しくダメ出しされたので、これも実際に稽古で使用してみるまで何とも言えませんが。

 でも、これはダメ、と分かる事もこれはこれで収穫です。私が大好きな古生物学研究の第一人者、北海道大学総合博物館小林快次教授も、「化石が見つからない時は『ここには化石がない』という事が分かった事が収穫」とおっしゃっていました。

 もし透明マスクがだめなら次を考えるだけ。とりあえずやってみましょう‼