変化する強さ

 新型コロナは、社会活動のあらゆるところに影響を及ぼしていますが、それは空手道場も同様です。一研会では現在組手やペアを組んで行う接触を伴うメニュー、そして空手では当たり前に行う握手も現在中止しています。しかし、皆さんが今出来る事を試行錯誤しながらも社会活動されているように、私もこれまでやったことのない事にも否応なくチャレンジしてきました。

 そして分かったのは、まだまだ知恵を振り絞れば出来る事はたくさんあるという事でした。今までいかに既成概念に取りつかれていたかを思い知ったと同時に、飲食店を経営されている方々がすぐにテイクアウトのスタイルにシフトチェンジしたように、変化するスピード感と変化を恐れない強さに感銘を受けました。

 そういう点では、少年部や中高生の道場生の順応力には毎回驚かされます。新型コロナ以降に試みた新しいメニューのみならず、新しい環境への対応も早く、今まで経験のない事への拒否反応もほぼありません。

 自分も彼らを見習って、今後はこれまでの良いところは残しながらも、新しい考えをどんどん実行していきたいと思います。

 そして中高生の皆さんは、いよいよテスト期間が本格的にスタートですね。いろいろと大変な状況ですが、体調に気を付けて頑張ってください。