稽古のながれ

おおまかな一日の稽古のながれをご紹介します。※稽古内容は季節により変更します。


準備運動

 

 稽古開始前にしっかりと準備運動をおこないます。

 怪我を予防し、その日の稽古で最高のパフォーマンスを発揮するため、毎回時間をかけて入念におこないます。

 また、道場生のみんなには人前で発言することに慣れてもらうために毎回道場生を指名して、指名された道場生は大きな声で号令をかけながら準備運動を進行していきます。

補強トレーニング

 

 準備運動で身体が温まったら、次は補強トレーニングです。

 腕立て伏せ・腹筋・背筋・跳び屈伸などで、筋力と筋持久力を養い、相手の攻撃に耐え、強い攻撃を繰り出す身体を作り上げます。

 ジャンプしたり静止したりとバリエーションもさまざま。毎回異なる刺激を身体に与え、運動能力のベースアップを図ります。

基本稽古

 

 まずは基本稽古からスタートです。

 フルコンタクト空手の本質は組手にありますが、もとをたどれば「基本稽古」に行き着きます。ここでしっかりと手技と足技を研きます。

 道場生が順番に10本単位で号令をかけながら大きな気合いを出して基本稽古に取り組みます。

 まだまだ稽古は始まったばかりですが、基本稽が終わる頃には全身から汗が噴き出します。

移動・型稽古

 

 基本稽古に動きを加えたものが移動稽古です。

 しっかりと腰を落とし、組手稽古に近い動きの中で下半身を鍛えます。 

 さらに対人を想定した移動稽古ともいうべきものが型稽古です。前後左右、四方に相手がいることをイメージし、それに対応する動きを文字通り「型」に当てはめて稽古します。

 

ミットトレーニング

  

 実際に相手と向き合っておこなう組手稽古の前に、ミットトレーニングをおこないます。

 このミットトレーニングで、突きや蹴りを繰り出すフォームやタイミングを繰り返し練習します。

 また、ミットの持ち手は、ミットトレーニングを通して相手の技の威力を知り、ディフェンスの技術を学びます。

組手稽古

 

 ここまでの稽古は、すべてこの組手稽古につながります。

 一研会では、組手はフルコンタクト空手ルールでおこないます。頭部、胸部、手足などにお互いの身体を保護するサポーターを着用し、痛みや怪我を最小限に抑えながら稽古をおこないます。

 しかし、自分や相手の痛みを感じ、真剣な気持ちで組手に取り組むためにも、痛みを完全に取り去るようなサポーターはあえて着用しません。

ダッシュなど    

 

 最後は、残された体力と気力を振り絞ってチームでダッシュをおこないます。

 最後まで集中力を切らすことのないように、また楽しく稽古を終えることができるようにゲーム性を取り入れるなどの工夫をしています。

 

 

 これで本日の稽古は終了です。おつかれさまでした。