道場内のルール

 空手道場の存在理由とは何でしょうか。入会申込書に入会動機を書いていただく欄がありますが、よく保護者の方が書かれるのが『礼儀正しくなって欲しい』『心身共に強くなって欲しい』などです。どちらの目標にしても、お子様に肉体的にも精神的にも成長してほしいという気持ちからくるものだと思います。
 しかし、それを達成するためにはストイックにクリアすべき課題に取り組む必要があります。それには苦痛が伴いますが、ここに現在道場というシステムが抱えている問題があります。要はその作業は楽しいばかりではないということです。
 話は少し逸れますが、昔は空手道場といえば危険なイメージであまりお近づきになるのは憚られるような場所でした。ある世代以上の方なら、空手など習い事の中から真っ先に除外する対象だったと思います。実際私が空手を始めた頃は、体験や見学などど言うものは碌になく、ホームページなども存在しませんでしたから、とにかくめぼしい道場に行って事前情報もないまま入会し、そして早々に手荒い洗礼を受けて、たくさん入会しても残るのはわずか、という感じでした。それでも道場には「強くなるには辛い稽古など当たり前」と考える連中がたくさんいました。

今は当然そんな時代ではありませんから、どこの道場もオープンで和やかな雰囲気で、昔より遥かに入会のハードルは低いです、というかハードルなど無いに等しいです。体罰などもってのほか。ただ、入会のハードルが低くなったからといって、道場の本質は自分自身を研き高めることです。

 道場は厳しい世界ですし、厳格なルールも存在します。もし道場生を楽しませて、道場生の数を増やすだけが目的ならそんな厳しいルールや、辛い稽古など撤廃すればいいのでしょう。しかし、その部分を妥協すればもはや道場ではなくなってしまいます。

 時代と共にいろんなものが変化しても、道場の本質の片鱗は少しでも残したいと私は考えています。