指導に対する考え

指導に対する考え · 2021/08/04
 昇級審査会も近づいてきて、ここに来て週1コースから通常コースに転向する道場生が増えてきました。本人なりに稽古の必要性を感じたのでしょうか。  私自身、強くなるためには稽古の頻度を上げることが大切だと考えています。ただ、どうしてもスケジュール的に週に一回しか道場に来れないという場合も当然あると思います。...
指導に対する考え · 2021/05/01
 稽古前の準備運動は、毎回少年部の中から何人かを指名して彼らに進行を任せています。もちろん準備運動は稽古前のウォーミングアップの意味で必要だとは思いますが、自分としては進行役を道場生に任せることの方が意味があると思っています。そして、指名するのはあまり人前で話すのが得意でなさそうな道場生です。...
指導に対する考え · 2021/04/27
 先日よりオレンジ帯の道場生にサポーターを渡していますが、この機会にサポーターやミットなどの道具の取り扱いについて私の考えを書いておきたいと思います。...
指導に対する考え · 2021/04/07
 空手の稽古といっても、毎回清々しい雰囲気の中で出来る訳ではありません。人が集う道場という場所はまさに生き物であり、指導していても『今日はみんなの反応が良いな』という時もあれば、『今日は全然集中出来てないな』と感じる時もあります。...
指導に対する考え · 2021/04/07
先日、ホームページ内の『指導員&黒帯紹介』のページを作りながら各黒帯の空手歴を見てみると、短くて19年、長いと約30年。よくもまあ、みんなここまで続けてきたものです。...
指導に対する考え · 2021/04/06
 最近、直接的または間接的にかつて指導していた生徒と出会う機会が増えてきました。突然後ろから声をかけられたり、インターネットを通じて連絡をくれたり、SNSを見ていてくれたり。そして今日も一研会のHPを見た大昔の生徒が電話をくれました。...
指導に対する考え · 2021/03/06
 道場生を指導をしていると色々と思うことはあります。自分の伝えたいことが道場生に伝わっているのか?ということもそのひとつです。  ただ、言葉を尽くすよりも、もっとシルプルに伝えられる方法が空手じゃないのかと考え直しました。...
指導に対する考え · 2021/02/07
長い間、空手を続けていると始めた当初のことを忘れてしまいがちです。しかし私自身、遠い記憶を辿って入会当初のことを思い返してみると、未だにその頃の気持ちが甦り、初心を思い出すことが出来ます。...
指導に対する考え · 2021/02/02
元メジャリーガーの桑田真澄さんがコーチとして巨人に復帰されるそうです。私は野球に関しては全く無知ですが、桑田さんのお名前くらいはもちろん存じ上げています。...
指導に対する考え · 2021/01/30
挨拶については稽古中に何度も触れてきました。このコロナ禍で何でもかんでも大声を出せば良いというものではありませんが、蚊の鳴くような声の挨拶はやはり違うと思います。...

さらに表示する