エコール・マミ教室 火曜日

 今日は道場生のみんなを普段よりキツいメニューで追い込んでみました。昔は毎回のように身体も心もギリギリまで追い込んでいました。『普段の稽古の方が試合よりキツい』ということも、どの競技でも当たり前に言われていました。道場生のほぼ全員が競技選手という環境ならそれも良いのかも知れません。ただ、現在はどこの空手道場も小学生以下の道場生が多数在籍しており、彼ら全員が明確に選手権大会を目指して活動しているかと言えばそうではないでしょう。  普段の稽古を頑張りながら、試合にも出場しているうちにそんな意識が芽生えることはあるでしょう。ただ、一研会はまだまだそんな段階ではありません。しかし、今の自分の限界を知る意味でも時にはオールアウト(ここでは『もうこれ以上1セットも動けない』という意味で使います)することも必要です。昇段審査の課題である連続組手もそんな意味を含んでいます。  何回かオールアウトを経験する中で、身体の限界よりも先に心の限界が来ることも分かるでしょう。心が先に萎えてしまってはもう身体は動きません。逆に身体が悲鳴を上げても心がそこで踏ん張れるなら、本当の限界ギリギリまで身体を追い込むことができます。それでも毎回オールアウトしてしまうと経験上、心も身体も早々に燃え尽きてしまいますので、やはりオールアウトはたまに、で良いと考えています。
 今日の稽古は組手中のいろんな状況を想定してそれに対応する動きをミットトレーニングに取り入れてみました。道場生のみんなには置かれている状況を説明し、対戦相手の心理も踏まえてより具体的なイメージを持ってもらうように心がけました。まずは単純にミットへの打ち込みをおこない、次は相手の攻撃やプレスに対応しながらミットへ打ち込みます。最後はそれを組手の動きに反映するようにライトスパーをおこないました。  しかし、ミットではできていたことがいざスパーリングとなるとなかなか上手くいきません。ただ、これは十分想定内。そう簡単にはいきません。もう少し時間が必要です。稽古を重ねることで、道場生が今の稽古が組手の中でどう活きるかをもっと具体的にイメージできるようになれば上達の速度も速くなります。
 今日の稽古から先日の審査会合格者に新しい帯と認定証を渡しています。もう百回近くこのイベントを受け取る側と渡す側の両方から経験していますが、何回やっても気持ちが高ぶります。たぶん道場生のみんなも同じ気持ちではないでしょうか。昔は稽古の最後に渡すのが恒例でしたが、そうすると道場生が稽古中ソワソワするのでここ数年は稽古の最初に渡すことにしています。そしてあらためて整列仕直して新しい帯になった嬉しさを噛み締めるとともにその帯としての自覚を持ってもらいます。  道場には白帯から黒帯まで様々な道場生がいますが、それぞれに役割や責任があります。昇級や昇段は空手の技術のバロメーターですが、と同時に責任の重さの指標でもあります。スキルだけを求めるなら方法は他にもあるでしょう。しかし、道場の存在意義はそれだけでは無いと私は考えています。㊟認定証授与のお手伝いをしてくれているのは緑帯のヨウイチロウ君、撮影してくれているのはナノハさん。二人もこうして緑帯の先輩として道場内での役割を果たしてくれています。感謝。
 審査会や試合が終わると道場生は一気にリラックスモードになります。今日も稽古開始前からニコニコ。だからといって「じゃあ稽古は止めて遊ぼう‼」というわけにはいきません。やはり審査直後しか出来ないこともあります。そこで簡単な反省会。今回審査を受審した人、受審しなかった人それぞれに審査会について考えた上でいろんな質問に答えてもらいました。その間約20分。改善点を今後の稽古に活かそうということでロケット団のような反省会終了。  今日はお休みの事前連絡が多く、参加人数も一研会スタート時程度の少人数。そこで稽古の趣向を変えてみました。本当は普段の稽古にも頻繁に取り入れたいラダートレーニングとマーカーコーンのトレーニング。ラダートレーニングは時折やっていますが準備と撤収にやや時間がかかり、どうしても敬遠しがちです。またマーカーコーンは私自身のメニューの引き出しがありません。しかし今日のような少人数ならば実験的にやってみましょう。  ラダーは上級者や得意な道場生に見本をお願いしてからみんなでやってみました。しかし普段からやり慣れていないのでみんな苦戦しています。それでもなぜか笑顔。そしてマーカーコーン。道場生を二つのグループに分けてコーンを表にするグループと裏にするグループでタイムを計ってその数を競うという、トレーニングというより遊びに近いメニューですが、これが予想以上の盛り上がり。稽古終了時間が来ても「もっとやりたい‼」と連呼しています。この言葉を組手稽古の時にも聞きたいものです。しかし、こんなに盛り上がるのなら今後も忘れた頃にやりましょう。  
 本日のエコマミ教室の合同稽古にナカギシ1級が参加してくれました。ナカギシ1級は今週末の審査会で昇段審査に挑戦します。今日は型の仕上がりのチェックを兼ねての参加でした。ナカギシ1級の突然の参加に昔から馴染みの緑帯二人は大喜び、逆に馴染みのない道場生はやや困惑気味。そして、緑帯の二人に「せっかくだから(ナカギシ1級と)組手してみる?」と言うと今度は逆に二人が絶句。  まあ、組手は別にしてもハイレベルな先輩と一緒に稽古するのは色々と勉強になることが多いです。型やミットトレーニングでも普段より緊張感のある稽古が出来ました。  そして最後はいよいよ組手稽古。高学年と緑帯二人に声をかけると意外にもことさらは拒否しませんでした。ただレベルの差が大きすぎるのであくまでライトスパーリング、と念押ししてスタート。すると「めちゃくちゃ緊張する」と言っていた割りに果敢に攻めていきます。この頑張りは以前では考えられないことです。そしてスパーリングは無事終了。  考えてみれば中学生以上の先輩が一般部の稽古を主体に活動の場を移してからは緑帯の三人(今日は二人でしたが)が合同クラスの屋台骨を支えてくれていました。今日は彼ら彼女らの成長ぶりとプライドを見せてもらいました。
今日はお盆休み明けの稽古ということで、参加人数はとても少なめ。私にとってはこういう時こそ一人一人とじっくり向き合い指導出来る絶好の機会なので結構好きです。今日も時折脱線しつつも、良い稽古が出来ました。...
 今日は基本稽古は省略して、型稽古とミットトレーニング、そして短時間のライトスパーリングを行ないました。今日の稽古には、前の日曜日の講習会に参加した道場生も多数いたので、今日の稽古では彼ら彼女らになんらかの変化があることを期待していました。しかし結局のところ、もともと良かった道場生はさらに良くなり、今ひとつだった道場生はやはり今ひとつ、という結果でした。  あらためて思ったのは、何度もこのブログで書いてきましたが道場生本人の中に危機感と当事者意識が無いことが問題でしょう。お金で買えない、そして待っていても誰からも与えられない物を自分の努力で手に入れる喜びは何物にも代えがたいと私は思っています。それを知る機会が昇級昇段審査会や試合だと考えているのですが。実際、この間の試合で敗退して悔しさのあまり号泣した道場生を数名目にしました。  道場生に向上心が無いわけではありません。むしろ、審査を受験することには貪欲で、「今回の審査はまだ課題が出来ていないから駄目」と伝えると「嫌です‼嫌です‼」をはっきりと強く意思表示します。  今後の指導は彼ら彼女らの向上心を信じながら、具体的な努力の方法とそれに伴う結果を紐付けることにかかっていると思います。  
先週のうちにオレンジ帯と青帯の道場生には、今週日曜日に実施する『型&組手講習会』の参考資料をメールで送っておきました。すでにお手元に届いていると思います。まだ届いていないという方は稽古の際に指導員に申し出てください(ちなみに内容は普段の稽古では日頃から注意しているポイントです)。  今日の稽古では型(太極I...
最近の合同クラスは非常に良い雰囲気の中で稽古が出来ていますが、それは数名の意識の高い道場生の頑張りのお陰です。  緑帯の道場生はもちろん、青帯やオレンジ帯にもとても真剣に稽古に取り組んでくれている道場生が数人おり、そのメンバーにインスパイアされるように道場生全体のレベルが上がってきています。  道場としては、良い傾向です。
 本日の稽古より試合で一時中断していた型稽古を再開しました。来月下旬には昇級昇段審査会が控えていますが、道場生のみんなに「審査を受けたい人?」と聞くとほぼ全員が「押忍‼」と答えます。前向きな気持ちは素晴らしいのですが、審査である以上及第点に達していなければ不合格です、というより私が受験を認めません。...

さらに表示する