エコール・マミ教室 木曜日

 今日のキッズクラスのトイレ休憩中に物知りのヨウイチロウ君に「太陽の表面温度は何度?」と尋ねてみました。トイレから戻ってもその話は続き、そこから話は全員に伝染。それぞれが口々に「蜘蛛は虫」「ゼットンの火球は一兆度」「プテラノドンは恐竜ではなく翼竜」「モササウルスは爬虫類」など自前の雑学を披露してくれました。こんな話の時はみんな空手より生き生きしています。  ちなみに太陽の表面温度は約6000℃で中心部の温度は1600万度。蜘蛛は昆虫ではないが虫。ゼットンの火球は一兆度。プテラノドンなどの翼竜は恐竜ではありませんし、モササウルスは間違いなく爬虫類です。
 入会して間もない白帯の道場生が急成長してます。先月入会したばかりの幼年部もすっかり様になってきました。...
 先月までのオープン1周年入会キャンペーンで就学前の幼年部が一気に増えました。そんな彼らも少しずつ道場の雰囲気に慣れてきてくれているようです。最初の頃は稽古中に真顔で「今日は遊び(みたいな稽古メニュー)無いの?」と聞いてきたりしていましたが、それでも日に日に出来ることが増えてきて昨日は本格的なミットトレに挑戦。...
今日も指導に熱中し過ぎて稽古の様子を撮影するのを忘れていました。  私にとって毎回の指導は真剣勝負です。指導後に自分の拙さを猛省することは多々ありますが、やっつけ仕事をしたことはありません。長年指導員をやってますが、今でも指導前は嫌な緊張感があり、指導が終わった後はたった90分にもかかわらず毎回クタクタです。...
来週から夏季昇級審査の願書の配布を開始します。 各自の仕上がり具合を確認して、受験資格あり、と判断した道場生から順次願書を配布します。  ただ、今日の稽古で「家でも出来る稽古をちゃんとしていますか?」と尋ねると数名が「やってません!」と笑いながら答えていました。...
 今日、キッズクラスのみんなに話したのですが、昇級審査で合格をつかみ取るのは自分自身です。お父さんやお母さん、周りのみんなの協力や応援も自分自身が能動的に努力してこそ意味を成します。...
今日は暑さに加えて湿度も高め。日中には香芝広陵地域には何度も大雨が降り、教室内はエアコンを稼働させてもコロナ対策で窓は全開のため少し生暖かい空気が漂います。...
ムードメーカーっていますよね。本人にその気がなくても、いるだけでその場の空気を盛り上げてくれるキャラ。  一研会にも各曜日に一人くらいはそんなキャラがいるのですが、なぜか木曜日だけ大豊作。ちょっと他の曜日に分散して欲しいくらいです。そしてその中の誰か一人に火がつくと連鎖的に燃え広がってその結果大炎上。...
最近は木曜日のメンバーもすっかり落ち着いてきて稽古の進行も順調です。  これまでの雑な元気さが影を潜めて、稽古に対する集中力が増しました。お陰でどんなメニューを課しても良い反応が返ってくるので指導していてとても楽しく感じます。...
今年度より中高生の活動をキッズクラスから別の場所にシフトしたことで、現在は小学校高学年から中学年の色帯がリーダーシップを発揮してくれてます。今日はその役割をナノハさんとヨーイチロー君が担ってくれました。...

さらに表示する