エコール・マミ教室 土曜日

 今日のはしお元気村の一般部の稽古中のこと、突然室内が真っ暗に。室内だけでなく駐車場の街灯も消えて本当に真っ暗闇です。見えるのは前の道路を通る車のライトのみ。私が子どもの頃は突然の停電もあまり珍しくなかった気がしますが、最近では事前通告のない停電はちょっと記憶にありません。...
 組手稽古をライトスパーとマススパーに切り替えて一ヶ月強。真剣に『軽く』、そしてゲーム感覚で楽しく組手が出来るよう試行錯誤中です。...
 キッズクラスの独立に伴い、合同クラスの稽古メニューを見直し、現在はいわゆる『ガチンコ(手加減無しの組手)』は休止。組手に過度な恐怖感を持たず、楽しくスキルアップが出来るように『マススパー(リング)』や『ライトスパー(リング)』を多めにしています。道場生にも当分の間ガチンコ無しを明言し、稽古への精神的なハードルを意図的に下げるようにしています。  ただ、このやり方も決して万能ではないと思っています。むしろ、再び激しい方向に舵を切った時、そのギャップは大きいでしょう。しかし、それまでにスキルアップすれば、そしてスキルアップに合わせて徐々に強度を上げていけばあるいは、と考えています。  私が空手を始めた頃とは時代も違いますし、私の考えも変わりました。空手道場の役割も変わって当然です。それに最近道場生の笑顔が少しずつ増えてきたことは嬉しく思います。時代にそぐわないところは無くし、新しい良いものは貪欲に取り入れ、何度でも仕切り直して再スタートです。
 最近合同クラスの稽古がスムーズに進みます。いろんな要因がありますが、やはり一番は道場生自身の成長です。出来ることが増えた上に、理解力も高くなり、モチベーションもアップ。ずいぶんと時間のロスがなくなりました。...
今月から各曜日の道場生の編成がやや変わり、火木土曜日のどの合同クラスも人数に大きな差異がなくなりました。昨年末には、もはや土曜日は50名に届きそうで、嬉しいながらも冷や冷やしていましたが、キッズクラスの開講で、その問題も解消されました。現在はどの曜日も参加人数が30名弱といったところです。そして全体のレベルも徐々にアップしており、そろそろ次のイベントを企画しようと考えています。  昨年は念願の道場内交流試合が実現しましたが、次は合宿の開催を目標にしています。こちらは新型コロナウィルスの感染状況を見ながらのことになりますが、稽古と楽しいイベントがいっぱい詰まった充実したものにしたいと思います。
 今週は審査前より軽めのスパーリングのラウンド数を増やしています。ガチンコに比べて怪我のリスクや身体への負担も少なくて済みますし、お互いの気持ちも熱くなりすぎずに楽しくラウンド数を重ねることが出来ます。スパーの量が増えれば組手のスキルも上がるので気温が高くなる前にフィジカルの強化と合わせて稽古メニューを組み立ていきたいと思います。...
 キッズクラスが独立したことで土曜日の合同クラスの人数も良い感じに安定しました。この形態になるとキッズクラス・合同クラスの双方に出来ることが増えてきます。合同クラスの当面の目標はトレーニングの強度を上げることによる基礎体力アップ。強固な土台作りに励みたいと考えています。
土曜日に行なっているキッズクラスのメンバーに比べて、小学校中学年から中学生がメインの合同クラスのメンバーは精神的に随分落ち着いています。キッズクラスより年齢が高い分これは当然ですが、こと組手稽古について言えば、落ち着いて分別のあることが必ずしも良いことではありません。 ...
 昇級審査対策の日が続きます。審査願書を渡した道場生については、その時点では及第点と私が判断しています。しかし、それで安心して稽古をサボるのは問題です。  今日も審査の課題を色々とチェックしました。すると、前回より上達している道場生も多いのですが、中には前回と変化が見られないか、もしくは悪くなっている道場生がいます。...
 稽古中に道場生が萎縮してしまった先程のキッズクラスの反省を踏まえて、ジュニアクラスのみんなにはここで一度思いっきり羽目を外してもらいました。ということで凍り鬼から稽古スタート。すると普段あまり聞いたことのない無邪気な笑い声が道場内に響きます。キッズクラスより年齢は高くてもまだまだ子ども、可愛らしいです。...

さらに表示する