指導に対する考え · 2022/05/24
 道場内交流試合の申込締切が近づいて来ると、保護者の方から「出場するかどうか、迷っています。うちの子は試合に出て大丈夫でしょうか?」という質問をいただくことがあります。この質問は、お子様もご両親もこれまで空手の経験が無く、ましてや初めての試合となれば当然のことだと思います。これに対する私の回答は「無理強いはしませんが、ぜひ挑戦してみてください」です。  実力的に試合が成立しない、という場合はもちろん出場を止めますが、自分の考えとしては『百見は一触に如かず(範馬勇次郎)』です。百回の稽古より一回の試合。普段の道場稽古と試合本番では、得られる経験値の量がまるで違います。それに勝てば自信になりますし、負けても経験になります。どちらの結果が出てもOK。こう考えればやらない手はありません。  迷っているなら、先ずは経験してみるべきです。    
キッズクラスだけでなく、合同クラスのみんなも急成長です。稽古メニューを最小限まで絞って繰り返し稽古している中で、その成果が形になってきました。本当に全体的にレベルアップしています。  今日は稽古中に成長著しい道場生数名の名前を敢えて挙げてみました。これが今後の稽古の励みに少しでもなれば良いのですが。...
この春スタートしたばかりのキッズクラスですが、すぐに定員いっぱいになり、一旦全ての受付を休止しました。それでも現在も問い合わせが相次いでいます。...
 今日は稽古開始から終了まで、一気に流れるようなハイペースで稽古が進みました。ここしばらくは対人稽古を中心に指導していますが、ミットトレーニングや受け返しのパターンも数通りに絞り込んであるので、道場生のみんなも『あぁ、いつものやつね』という感覚になって来たと思います。その分説明も最小限で済むので、稽古時間を有効に使えます。...
空手を長く続けているとモチベーションを維持し続けることがだんだんと難しくなってきます。空手を始めたばかりの頃は、周りのみんなについて行くのが精一杯。目標を設定する余裕もありません。...
 小学生や中学生の多い合同クラスの稽古では、指導は出来るだけメリハリを付けて行なうようにしています。気持ちを引き締めて行なう組手やミットトレーニングなどの対人稽古は、道場生のみんなが緊張感を維持出来るよう説明する口調も厳しくしたり、休憩時間は楽しく話したり、また最後の補強トレーニングは思いっきりテンションを上げたり、と常に道場生が目の前の稽古に集中するような指導を心がけています。  ただ昨日の稽古では、わざとそういうアップダウンを無くしてみました。厳しすぎず、逆に楽しい話も少なめ、盛り上げすぎず、粛々と最後まで指導してみました。良かったところは褒める、稽古中にふざけたり、話を聞いていない、といった不真面目な稽古態度は、その都度口頭で淡々と注意して、稽古から一旦外す。注意された内容を道場生自身が一人で咀嚼して、それを理解出来てから稽古に復帰させる、などです。  その結果、大半の道場生は粛々とした指導で問題ありませんでした。逆に言えばあえてメリハリを極端にしていたのは、かつてはほとんどの道場生が空手というものを知らず、そうでもしないと目先の稽古に集中してくれなかったからです。しかし、今は大半の道場生が稽古に集中できており、余計な気遣いは無用でした。  全体的に見れば、合同クラスは着実に成長しています。    
各種講習会 · 2022/05/15
 今日ははしお元気村で『型の分解&組手 講習会』を行いました。今回の講習会の目的はすばり来月25日開催の道場内交流試合までに組手のスキルを上げること。最近は組手稽古もマススパーが中心で、おかげで組手稽古を極端に怖がる道場生も少しずつ減ってきました。...
2022/05/14
 毎週土曜日はキッズクラスのあとに合同クラスが開始となりますが、キッズクラスのメンバーに比べると合同クラスに参加する道場生はずいぶん大人に見えます。稽古メニューもキッズクラスよりはるかに複雑ですが、ひとつひとつの動きを丁寧に説明すると、きちんとポイントを理解してくれるので習得も早いです。打てば響くように反応してくれる子も多く、教えるこちらも楽しくなります。  ただそうなると、努力を怠れば実力に差がつくのもあっという間です。一回や二回の稽古では、その差はそれほど目立ちませんが、それが1ヶ月、半年、一年もすればもう取り返しがつきません。それは肝に銘じておいてください。  そして明日ははしお元気村での講習会です。参加する人は『参加するからには絶対に何かを掴んで帰る』くらいの貪欲な気持ちで講習会に臨んでください。
 今日からキッズクラスの数名の道場生が組手稽古を開始しました。キッズクラスからも6月の道場内交流試合には何人か送り込みたいと思っています。幼稚園生のオレンジ帯の道場生も努力次第で十分出場のチャンスはありますので頑張ってください。...
 最近ジュニアクラスの指導でで心がけているのは、あまり欲張った稽古メニューを作らずに、組手のベースとなるシンプルでオーソドックスなメニューに絞って稽古することです。これまではどうしても『あれも教えたい、これも教えたい』と欲張って出来るだけ多彩なメニューを準備して指導に臨んでいました。にもかかわらず中々思うように行かない。何十年も指導してきて、その中から厳選したメニューなのになんで?という思いがありました。  ただ、よく考えてみればほぼ全員が空手経験無し、スタートして二年足らずの一研会です。また現在の黒帯や茶帯の先輩たちも一朝一夕に今の実力を手に入れたわけではありません。それに彼ら彼女らは自分が教えてきた中でも数少ないエリート的な存在でした。  そこで他の黒帯の先生と話し合って、もう一度基本的なメニューに戻してみました。それを一定期間繰り返し、ある程度形になったら初めて次のメニューに進むことにしました。今のところそれが順調にいっているようです。  昔は厳しい稽古の中から少数の強い弟子が出てくれれば良い、と感じていましたが、今は違います。一研会に入会してくれたからには、出来るだけ多くの道場生が等しく強くなり、『空手は楽しくて、やり甲斐がある』と感じて欲しいと思います。こちらの面ではこれまで以上に欲張ってます。      

さらに表示する